素材や製法にこだわり続ける

どうすればもっとおいしくなるか、お客様に喜んでいただけるのか。 そんな想いでパティスリーアンでは日々、一つひとつの商品を見つめ直しています。 富士山ふもとの良質な素材だけではなく、 世界に視野を広げた素材選び、パティシエの飽くなき技法の探求。 お客様からのご愛顧にお応えするため、常に新たな答えを追い求めています。

それは、ずっと愛され続けている定番スイーツでも例外ではありません。 地元の生クリーム、小麦粉、卵を使い、原材料や製法にもこだわった 「アップルパイ」は、パティスリーアンを代表するケーキです。 「お客さまからご愛顧頂いているからこそ、もっとおいしくしたい」 という想いで、パティシエが日本中から素材を探しているなか、 素晴らしいリンゴと玉子に出逢いました。 この豊かな風味と品質なら間違いないと、素材として使うことを決めました。

この特徴をいかすため何度も試作を積み重ね、 技術も改良し、優しい味を一層引き立たせることができました。